どこの裁判所に提訴するか

様々な理由で婚姻関係を解消することがあります。夫と妻の双方が話し合いで離婚に納得した場合は、役所に離婚届を提出すれば婚姻関係が解消されます。これを調停離婚と言います。また、どちらか一方が離婚に同意しない場合、家裁に離婚調停を申し立て、そこで決着がつくものを「調停離婚」、調停が不調に終わった時には審判という方法もありますが、一般的には裁判で決着をつけることになるでしょう。

 
離婚訴訟を提訴する場合、弁護士など法律の専門家に依頼する必要があります。もちろん、一人で提訴することも可能ですが、離婚後の生活に不利益が無いように解決するためには、弁護士のアドバイスが必要だと言えるでしょう。判決に至るまでには長い時間と精神的負担、金銭的負担が伴います。出来れば裁判に持ち込まずに解決されることが望ましいものです。特に、夫婦の間に子供がいる場合には、両親が公の場で争うことで心に深い傷を負うことになります。少しでもその負担を少なくするよう考えることが大切です。

 
訴えを起こすのは、原則として夫あるいは妻の住所地を受け持つ家庭裁判所になります。ただし、不調にわった離婚調停を行った家裁が住所地を管轄する家裁と違う場合は、調停を行ったところで提訴する場合もあります。バレーボール

コメントは受け付けていません。