和解にすることはできるのか

夫婦関係が壊れてしまって離婚騒ぎになってくると、そのことばかりに追われるようになります。

 
毎日そのことに、振り回されるようになります。
たいへんムダな時間を過ごしてしまうことになるのですが、自分たちが蒔いた種ですから仕方ありません。
当人同士で話し合いを進めていっても、うまく話がまとまらないということは多いものです。
そういった場合は、第三者に間に入ってもらう必要があります。

 

ビリヤード02
それでも事が解決しない場合は、最終的な裁判をおこすということになるのです。
そこまでなると事態は泥沼化してきており、もはや手のつけようはありません。
最終的な判決を法に従ってくだされるわけですが、それで和解がすべてうまくいったとは言い切れません。
どちらか一方はまだしこりがあったり、納得していないこともあるのです。

 
それでもいつまでもそういうことを言っていたのでは、終わりがきませんから裁判が終われば意義を申し出ることはできないのです。
よくそういう光景を見ることがありますが、夫婦のことは当人同士でしか本当のところはわかりませんし、他人が見ていてもどちらが良いとも悪いとも判断はつけられません。
本当に解決できるのは、時間が過ぎていくことにあるのです。

コメントは受け付けていません。