判決の種類

離婚裁判と一言で言っても何を争うかで判決内容も変わってきますので、その夫婦毎で結果も違います。争う内容も離婚そのものを争うのか、離婚には同意しているが財産分割や慰謝料や養育費などの経済的な面で争うのかで裁判にかかる時間や結果も大きく変わってきます。

 

 

特に金銭面を争う裁判は種類を問わず泥沼化する傾向が有り、裁判が終わった頃には両者とも精神的にも経済的にも大きな疲労感しか残りません。金銭的な問題の裁判の時は裁判対象はお金になりますので、そのお金の権利を争う形で行われますので時間がかかる他に結果的にもあまりすっきりした結果になる事も少なく、終わった後も支払い不履行などのトラブルも絶えません。

 

ビリヤード03

逆に離婚のみを争う裁判では原因の確認と両者の言い分を聞いた上での決着となりますので、原因が明らかな場合は比較的時間もかからず終わる事も多いです。あと長引くケースでは未成年の子供がいる場合の親権をどちらが獲得するかでも長引く事が多く、この場合の結果は子供を育てるにあたって子供の意思を尊重しながらより子供を育てる環境や経済力を配慮して結果が出される事が多いです。

 

 

子供が経済力の乏しい母親を選択した場合は両者の話し合いの元養育費の支払いが発生しますので、養育費の金額なども同時に算定される事になります。

コメントは受け付けていません。