裁判の流れ

離婚をする場合、最も簡単なのは、夫婦の話し合いによる協議離婚です。もしそれがうまく行かない場合は、調停離婚となり、それでも合意できない場合には、弁護士をつけての訴訟に持ち込まれることになります。ここで気をつけたいのは、訴訟による離婚は、経費も時間もかかるということで、判決が出るまでに何年もかかることもあります。また、いきなり訴訟に持ち込むことはできず、調停で合意できなかった場合でないと行えません。また、相手が子供の扶養を怠るとか、不貞行為がある、あるいは暴力をふるうなどといった条件が整わない限り、訴訟による離婚はできません。

 
流れとしては、まず訴状提出となります。その後数回にわたる口頭弁論を経て、判決で離婚が認められれば、そこで離婚成立となります。しかし判決で認められない場合、または判決に不服がある場合は、さらに控訴を行うことになります。また、判決で離婚が成立しなくても、和解勧告と呼ばれる、話し合いによる解決で成立することもあります。また、相手が失踪などで居場所がわからない時は、公示送達というものが行われ、訴訟関連の書類を裁判所の掲示板に2週間公開します。2週間が経てば、訴訟を起こした原告側の勝訴が確定しますが、原告の言い分が事実であるかを確認するため、判決前に検証が行われることになります。バスケットボール03

コメントは受け付けていません。