離婚訴訟を提起するには

離婚訴訟を提起するには一般の裁判と同じように、離婚をしたいと考えている側、つまり原告が訴状を作成して、それを裁判所に提出しなくてはなりません。

訴状の作成は、まず離婚を求める内容、つまり請求した趣旨を記載して、次に離婚をしたいと思った原因を記載します。そしてこれを2通作成しなくてはなりません。

作成が終わったら調停不成立証明書と戸籍謄本と一緒に裁判所に提出をするのですが、この時に提出する裁判所はどこでも良いわけではなく、夫婦が同居をしていた場合には、その同居していた住所の管轄裁判所で、夫婦が別居していた場合には、どちらかの住所の管轄裁判所になります。

バスケットボール02

 

また別居していた場合でも、どちらか一方の家がもともと同居していた家なのであれば、その家がある住所の管轄裁判所に提出しなくてはなりません。

調停では夫婦の合意の元、調停の申し立ての場所を選ぶことができますが、原則として上記の3つの内の何処かで裁判を行うことになります。

また指定された裁判所への出頭は絶対的なものですので、それを拒否することは出来ませんし、変更することもできません。

書類の作成は規定の物があるわけではありませんので、弁護士などに相談をして作成するようにしてください。

コメントは受け付けていません。