訴訟費用はいくらかかるか

夫婦の話し合いでも、家庭裁判所での調停でも離婚についての話し合いが合意に至らなかった場合は地方裁判所へ提訴して訴訟を起こし、離婚について争う流れとなります。

 
このとき訴訟費用がいくら必要になるか心配になる人が大多数に上ります。
まず最初に裁判所に訴状を提出する時の費用についてみてみましょう。訴状は雛形がホームページなどでダウンロードできるため、自分で作成することも可能です。訴状と一緒に調停で離婚が符成立したという調書も添付して提出しますが、どちらも費用はかかりません。

バドミントン
他に戸籍謄本や収入印紙の提出が必要になるため、こちらで費用が計上されます。戸籍謄本は1通450円、収入印紙は基本的に13000円、慰謝料や財産分与、子供の親権についてなども争われる場合は別途収入印紙代が必要になります。
また、自分だけで裁判に対処するのは難しいという場合は弁護士に依頼する費用も見積もっておく必要があります。
弁護士に相談する費用、依頼時に必要な着手金、成功報酬などが必要になるため、数十万円単位での費用が必要になります。
支払いが困難な場合はローンで支払ったり、法テラスが行う費用立替制度などを利用する方法もあるので、それらを活用するのも良いでしょう。

コメントは受け付けていません。