Author Archive

判決確定後の手続き

ボウリング01

 

夫婦双方の意見が合致せずに協議離婚が出来なかった場合、裁判で離婚訴訟を起こす事が出来ます。

 
裁判離婚は時間がかかるそうで、中々大変だそうです。
そんな大変な離婚裁判が終わり、無事離婚が決定します。
これで離婚出来たと喜んではいけません。

 
判決確定後は役所に行って、色々n手続きを行う必要があるのです。
まずは判決謄本を持って、離婚届を行います。
役所に離婚届を提出しないと戸籍上離婚した事になりません。

 
そして、離婚後氏をどうするか決めます。
婚姻前の氏も戻るのか、婚姻時の氏を名乗るか選ぶ事が出来るのです。
婚姻時の氏を名乗る場合は別の届出も必要となります。
住民票の異動を伴う場合は、住所の異動の届出をしましょう。
住民票の住所を異動しなくては同居人として一緒の住民票となりますので、注意が必要です。
子供がいる場合はそのまま特別児童手当や母子手当の手続きなど行う必要があります。

 
また、年金や保険証などもしっかりと行いましょう。
氏を変更した場合は金融機関でも手続きが必要となります。
事前にどんな事をしなくてはいけないのか調べて置く必要があるかもしれません。
必要な事をしない事で、後々大変な事になるケースもありますので、十分注意しましょう。

判決の種類

離婚裁判と一言で言っても何を争うかで判決内容も変わってきますので、その夫婦毎で結果も違います。争う内容も離婚そのものを争うのか、離婚には同意しているが財産分割や慰謝料や養育費などの経済的な面で争うのかで裁判にかかる時間や結果も大きく変わってきます。

 

 

特に金銭面を争う裁判は種類を問わず泥沼化する傾向が有り、裁判が終わった頃には両者とも精神的にも経済的にも大きな疲労感しか残りません。金銭的な問題の裁判の時は裁判対象はお金になりますので、そのお金の権利を争う形で行われますので時間がかかる他に結果的にもあまりすっきりした結果になる事も少なく、終わった後も支払い不履行などのトラブルも絶えません。

 

ビリヤード03

逆に離婚のみを争う裁判では原因の確認と両者の言い分を聞いた上での決着となりますので、原因が明らかな場合は比較的時間もかからず終わる事も多いです。あと長引くケースでは未成年の子供がいる場合の親権をどちらが獲得するかでも長引く事が多く、この場合の結果は子供を育てるにあたって子供の意思を尊重しながらより子供を育てる環境や経済力を配慮して結果が出される事が多いです。

 

 

子供が経済力の乏しい母親を選択した場合は両者の話し合いの元養育費の支払いが発生しますので、養育費の金額なども同時に算定される事になります。

和解にすることはできるのか

夫婦関係が壊れてしまって離婚騒ぎになってくると、そのことばかりに追われるようになります。

 
毎日そのことに、振り回されるようになります。
たいへんムダな時間を過ごしてしまうことになるのですが、自分たちが蒔いた種ですから仕方ありません。
当人同士で話し合いを進めていっても、うまく話がまとまらないということは多いものです。
そういった場合は、第三者に間に入ってもらう必要があります。

 

ビリヤード02
それでも事が解決しない場合は、最終的な裁判をおこすということになるのです。
そこまでなると事態は泥沼化してきており、もはや手のつけようはありません。
最終的な判決を法に従ってくだされるわけですが、それで和解がすべてうまくいったとは言い切れません。
どちらか一方はまだしこりがあったり、納得していないこともあるのです。

 
それでもいつまでもそういうことを言っていたのでは、終わりがきませんから裁判が終われば意義を申し出ることはできないのです。
よくそういう光景を見ることがありますが、夫婦のことは当人同士でしか本当のところはわかりませんし、他人が見ていてもどちらが良いとも悪いとも判断はつけられません。
本当に解決できるのは、時間が過ぎていくことにあるのです。

離婚裁判の終わり方

ビリヤード01

離婚裁判で夫婦が離婚について争う場合、結論が出るまでにはいくつかの方法があります。

 
まず一つ目は審理を重ねる中で、双方が互いに歩み寄り和解するという方法です。この場合は互いに話し合って離婚することが出来るため、お互いに満足できる結果となる場合が多いケースといえます。

 
二つ目は裁判で出た判決に双方が合意をして、控訴をしないという終わり方です。この場合は財産分与や慰謝料請求の金額なども判決によって決まった通りに支払います。長い審理を重ねてきてこれ以上裁判で争いたくないという場合は、判決に素直に従うという気持ちを持っているような場合は裁判を終わらせます。

 
そして三つ目は判決内容に納得できない場合、控訴期間に定められた2週間以内に高等裁判所に控訴する方法があります。この場合は上告して更に離婚について争うことになるため解決まで長い時間がかかります。高等裁判所でも決着が付かなかった場合は最高裁判所で争うことも考えられますが、精神的、経済的にもかなりの負担を覚悟しなければならない終わり方と言えるでしょう。
どのような終わり方を選ぶのかは夫婦によって異なりますが、子供がいる場合は出来るだけ早い解決が望まれるでしょう。

どこの裁判所に提訴するか

様々な理由で婚姻関係を解消することがあります。夫と妻の双方が話し合いで離婚に納得した場合は、役所に離婚届を提出すれば婚姻関係が解消されます。これを調停離婚と言います。また、どちらか一方が離婚に同意しない場合、家裁に離婚調停を申し立て、そこで決着がつくものを「調停離婚」、調停が不調に終わった時には審判という方法もありますが、一般的には裁判で決着をつけることになるでしょう。

 
離婚訴訟を提訴する場合、弁護士など法律の専門家に依頼する必要があります。もちろん、一人で提訴することも可能ですが、離婚後の生活に不利益が無いように解決するためには、弁護士のアドバイスが必要だと言えるでしょう。判決に至るまでには長い時間と精神的負担、金銭的負担が伴います。出来れば裁判に持ち込まずに解決されることが望ましいものです。特に、夫婦の間に子供がいる場合には、両親が公の場で争うことで心に深い傷を負うことになります。少しでもその負担を少なくするよう考えることが大切です。

 
訴えを起こすのは、原則として夫あるいは妻の住所地を受け持つ家庭裁判所になります。ただし、不調にわった離婚調停を行った家裁が住所地を管轄する家裁と違う場合は、調停を行ったところで提訴する場合もあります。バレーボール

訴訟費用はいくらかかるか

夫婦の話し合いでも、家庭裁判所での調停でも離婚についての話し合いが合意に至らなかった場合は地方裁判所へ提訴して訴訟を起こし、離婚について争う流れとなります。

 
このとき訴訟費用がいくら必要になるか心配になる人が大多数に上ります。
まず最初に裁判所に訴状を提出する時の費用についてみてみましょう。訴状は雛形がホームページなどでダウンロードできるため、自分で作成することも可能です。訴状と一緒に調停で離婚が符成立したという調書も添付して提出しますが、どちらも費用はかかりません。

バドミントン
他に戸籍謄本や収入印紙の提出が必要になるため、こちらで費用が計上されます。戸籍謄本は1通450円、収入印紙は基本的に13000円、慰謝料や財産分与、子供の親権についてなども争われる場合は別途収入印紙代が必要になります。
また、自分だけで裁判に対処するのは難しいという場合は弁護士に依頼する費用も見積もっておく必要があります。
弁護士に相談する費用、依頼時に必要な着手金、成功報酬などが必要になるため、数十万円単位での費用が必要になります。
支払いが困難な場合はローンで支払ったり、法テラスが行う費用立替制度などを利用する方法もあるので、それらを活用するのも良いでしょう。

原告本人尋問と被告本人尋問

バスケットボール04

 

ひとたび、離婚訴訟を提起した場合,民事訴訟の原則にのっとり,原告側に離婚事由等の立証責任が課されることになります。

 

 

その立証が十分であれば勝訴,ということになりますが,その過程の証拠調べ手続きにおいて原告・被告に対する両本人尋問が行われることになります。

まず,原告本人尋問が行われ,その後に被告本人尋問が行われるのが一般的な形態です。もっとも、これは、事件の性質に応じて、裁判長の裁量により、変更が生じる可能性があります。

 

 

各尋問手続においては、まず、主尋問と呼ばれる手続きが行われます。これは主として、原告の本人尋問であれば、原告代理人が、被告の本人尋問であれば被告代理人が、それぞれの原告・被告に対して質問をするというものです。これは基本的に事前に代理人との入念な打ち合わせが行われるものであり、いかにして、裁判官に自らの主張が正当であるか・・・を印象付ける作業となります。

 

 

この次に反対尋問が行われます。これは、相手方代理人(場合によっては本人の場合もありますが・・・)からの質問を本人が受け答えすることになります。
この手続きは、相手方の主張を突き崩すことが目的なので、本人としてはいかにうまい答えを返すか・・・ということが課題になります。感情的になったりするのは最もNGです。

その後、再主尋問、そして裁判官からの補充尋問・・・という流れになります。

裁判の流れ

離婚をする場合、最も簡単なのは、夫婦の話し合いによる協議離婚です。もしそれがうまく行かない場合は、調停離婚となり、それでも合意できない場合には、弁護士をつけての訴訟に持ち込まれることになります。ここで気をつけたいのは、訴訟による離婚は、経費も時間もかかるということで、判決が出るまでに何年もかかることもあります。また、いきなり訴訟に持ち込むことはできず、調停で合意できなかった場合でないと行えません。また、相手が子供の扶養を怠るとか、不貞行為がある、あるいは暴力をふるうなどといった条件が整わない限り、訴訟による離婚はできません。

 
流れとしては、まず訴状提出となります。その後数回にわたる口頭弁論を経て、判決で離婚が認められれば、そこで離婚成立となります。しかし判決で認められない場合、または判決に不服がある場合は、さらに控訴を行うことになります。また、判決で離婚が成立しなくても、和解勧告と呼ばれる、話し合いによる解決で成立することもあります。また、相手が失踪などで居場所がわからない時は、公示送達というものが行われ、訴訟関連の書類を裁判所の掲示板に2週間公開します。2週間が経てば、訴訟を起こした原告側の勝訴が確定しますが、原告の言い分が事実であるかを確認するため、判決前に検証が行われることになります。バスケットボール03

離婚訴訟を提起するには

離婚訴訟を提起するには一般の裁判と同じように、離婚をしたいと考えている側、つまり原告が訴状を作成して、それを裁判所に提出しなくてはなりません。

訴状の作成は、まず離婚を求める内容、つまり請求した趣旨を記載して、次に離婚をしたいと思った原因を記載します。そしてこれを2通作成しなくてはなりません。

作成が終わったら調停不成立証明書と戸籍謄本と一緒に裁判所に提出をするのですが、この時に提出する裁判所はどこでも良いわけではなく、夫婦が同居をしていた場合には、その同居していた住所の管轄裁判所で、夫婦が別居していた場合には、どちらかの住所の管轄裁判所になります。

バスケットボール02

 

また別居していた場合でも、どちらか一方の家がもともと同居していた家なのであれば、その家がある住所の管轄裁判所に提出しなくてはなりません。

調停では夫婦の合意の元、調停の申し立ての場所を選ぶことができますが、原則として上記の3つの内の何処かで裁判を行うことになります。

また指定された裁判所への出頭は絶対的なものですので、それを拒否することは出来ませんし、変更することもできません。

書類の作成は規定の物があるわけではありませんので、弁護士などに相談をして作成するようにしてください。